杏仁オイルで肌美人|綺麗な肌を手に入れよう

美しい素肌作りの基本

顔を洗う人

泡とぬるま湯で洗う

洗顔料を使って顔を洗う際には、たっぷりの泡を作ることが大切です。泡は、肌に負担がかからず、泡が多いほど毛穴に行き届き、きれいに洗うことができるのです。たくさん泡立たせるためには、必ず手洗いをしてから洗顔料を手に取りましょう。手の汗やばい菌が泡立ちを邪魔してしまうので、きちんと石鹸を使って手の汚れを落とすようにします。すると、手洗い後は泡立ちやすさが全く違います。また、顔を洗い流す時にはぬるま湯が良いです。水では汚れを落とす前に毛穴が引き締まってしまい、お湯だと肌が乾燥します。蒸しタオルを顔に覆ってしばらく置いてから洗顔すると、毛穴が開いて汚れを浮き立たせます。洗顔時の少しの工夫で肌を労ってあげましょう。

汚れの性質に合わせて

洗顔は、顔の汚れを落とすために毎日行うスキンケアです。顔は、常に外気に触れてさらけ出している状態なので、埃や花粉、車の排気や煙草など空気中の汚れを受けます。顔の皮膚の汗や皮脂にこれらが付着し、汚れとなります。顔に付いた汚れをそのままにしておくと、毛穴が詰まり、黒ずみやニキビなどの肌トラブルを引き起こします。また、洗顔できちんと汚れを落とさないと、化粧水やメイクの浸透が悪くなってしまいます。メイクを落とすにはクレンジングです。ファンデーションや口紅などは油分でできているため、油性の汚れは油性のクレンジングで除去します。クレンジングでメイクを落とした後に通常の洗顔をします。洗顔もクレンジングも、ゴシゴシと肌を擦るのは止めましょう。洗顔は、泡で汚れを吸着させ、クレンジングは、肌に馴染ませ汚れを浮かせて洗います。